歴史
歴史
Andersenの歴史
アンダーセン社は1903年に米国ミネソタ州ベイポートで創業以来105年、日本に初上陸以来30年の歴史を有しています。 年間総生産料は約800万窓、これは戸建て住宅に換算すると約27万に相当する数です。
歴史
歴史
アンダーセン社は、木の保護材としてPVC(硬質ポリ塩化ビニール樹脂)を採用。アルミニウムの1/10以下の熱伝導率を有するPVCで木部を保護することにより高いパフォーマンスを実現しましました。またペアーガラス内のアルゴンガスも一般的な注入式でなく「封入式」を採用することでガス漏れ対策を施しました。 アンダーセンの高い技術力は、木のぬくもりと美しさだけではない「信頼の木製窓」を創り出しています。
2017/9/21